早割ホテル利用の注意点


1週間や2週間前などの早割りプランはすぐに埋まってしまうので、なるべく早くに予約しないと予約することが難しい場合があります。また、締め切り時間にも注意が必要です。締め切り時間は宿泊施設によって異なります。いったん保留にして他と比較する場合などは、必ず申し込み締め切り時間も確認する必要があります。申し込み時に締め切り時間を過ぎてしまわないように注意したいものです。

早割りプラン早割は大きな割引特典を受けられる代わりに、当然早めに申し込むため宿泊予定日までの間に外せない用事ができてしまう場合があります。そういった場合は宿泊をキャンセルしなければならない自体になるかもしれません。そうなるとキャンセルせざるを得ないわけですが、宿泊予定日に近くなるとキャンセル料がかかる場合があります。一般的なキャンセル料は、前日で宿泊料金の20%、当日80%、連絡なしの場合は100%のような設定が多いようです。

ただしこれは一般的な例であり、やはりホテルによって異なるため、ホテルのホームページで具体的なキャンセルポリシーをチェックすることをお勧めします。例えば1か月前までの早割プランで、ちょうど1か月前からキャンセル料が100%と設定しているところもあります。キャンセルする可能性がある場合は予約前にきちっとキャンセルポリシーを確認しておくか、早割サービスを利用せずに別の割引プランを探した方がいいかもしれません。

早割がダメでもお得にホテル利用


早割早割には単なる割引ではなく、ホテルを宣伝するためのキャンペーンとして実施される場合もあります。割引率の高いサービスはホテル予約サイト等でも注目されます。ホテル側は早割りサービスを利用してまずは知ってもらうために実施します。このように、早割はキャンペーン的な意味合が強いサービスだといえます。新規の顧客を開拓し、実際に利用してもらうことで、リピートを目指すことがホテルの狙いの一つだといえます。

ホテル側の稼働予測が外れて、キャンセルや予想が甘い場合に空室の数が予想以上に残っている場合があります。このような場合は早割の裏返しの様な当日割のようなサービスがあります。早割が利用できなかった場合でも、このような当日割プランを利用して、お得にホテルを利用できる場合があります。早割が利用できなかったとしても直前予約プランを探すことで、お得な割引サービスを受けることができるかもしれません。

ホテル予約サイトによっては早割りプランを特集したページが用意されているサイトもあります。もし特集ページがなくても、多くのサイトではキーワード検索が出来るようになっているため、キーワードに「早割」と入力して検索することで早割りプランが一覧表示され、お好みの早割プランを探すことができます。

早割プランでお得にホテル利用


ホテルホテルを予約する際に、十分余裕をもって予約することで受けられる割引特典があります。ホテル側としても早くから予約してもらえると、売り上げ計画が立ちやすく、その分お安く提供しようというものです。一般的にホテルの早割プランは、一週間前予約や二週間前予約、一か月前予約などが代表的です。最近では大きな割引が受けられる55日や75日のような設定もあります。早ければ早いほど大きな割引が受けられます。

価格以外にも早割のメリットが受けられる場合があります。例えば夕食込みの宿泊プランを提供しているホテルの中には、早割特典としてビール1本無料でサービスしてくれたり、料理を1品プラスしてもらえたりなどの追加型のサービスを実施しているホテルもあります。

早割はホテル側にとってもメリットがあります。まず、ホテルはシングル、ダブル、ツインなどの部屋の種類ごとに、今後の稼働予測を立てます。先々の稼働予測によっては稼働率が悪い場合も予測できます。こういった稼働率の低下をなるべく抑えるために早割を活用します。こうすることで、非稼働を可能な限りなくして無駄をなくすことができます。

非稼働よりも割引して稼働するほうがホテル側にとってメリットがあります。早割はあくまで稼働率を高めることが目的です。土日や連休前などは早割がなくとも高い稼働率が見こまれます。早割を狙うのであれば、土日や祝祭日以外の平日で探す方が、割引が大きい場合や、お得な特典が受けられる可能性が高くなります。