早割ホテル利用の注意点


1週間や2週間前などの早割りプランはすぐに埋まってしまうので、なるべく早くに予約しないと予約することが難しい場合があります。また、締め切り時間にも注意が必要です。締め切り時間は宿泊施設によって異なります。いったん保留にして他と比較する場合などは、必ず申し込み締め切り時間も確認する必要があります。申し込み時に締め切り時間を過ぎてしまわないように注意したいものです。

早割りプラン早割は大きな割引特典を受けられる代わりに、当然早めに申し込むため宿泊予定日までの間に外せない用事ができてしまう場合があります。そういった場合は宿泊をキャンセルしなければならない自体になるかもしれません。そうなるとキャンセルせざるを得ないわけですが、宿泊予定日に近くなるとキャンセル料がかかる場合があります。一般的なキャンセル料は、前日で宿泊料金の20%、当日80%、連絡なしの場合は100%のような設定が多いようです。

ただしこれは一般的な例であり、やはりホテルによって異なるため、ホテルのホームページで具体的なキャンセルポリシーをチェックすることをお勧めします。例えば1か月前までの早割プランで、ちょうど1か月前からキャンセル料が100%と設定しているところもあります。キャンセルする可能性がある場合は予約前にきちっとキャンセルポリシーを確認しておくか、早割サービスを利用せずに別の割引プランを探した方がいいかもしれません。